比較的古いホテルでも、耐震補強がされていれば安心です。耐震診断により耐震性が低いと診断された建物は、補強する必要があります。特に、1981年以前の建物で、一定規模以上の宿泊施設には耐震診断が義務付けられています。結果は都道府県と通して一般に公表され、利用者はその結果を宿泊先選びに活用することも可能です。宿泊施設の経営者は、利用者からの信頼を得るために、建物を補強することが迫られます。補強の箇所や補強方法は建物により異なります。耐震診断により弱いと指摘された部分を集中的に補修することになります。耐震壁が不足している場合は壁の増設、柱の強度が弱い場合は柱の補強がなされます。元々、建物は従前の基準により一定の強度を有しており、弱い部分の補強しより安全な建物に生まれ変わることができます。

耐震壁の増設と柱や梁の接合部分への補強

ホテルで耐震補強が必要となる建物は、原則として、1981年6月より前に建築確認申請を受けた建物に限られます。それ以降の建物は新耐震設計基準が適用となっており、安全性が高いと言えます。旧耐震設計基準で建てられた建物の中で、耐震診断により耐震性が低いと判断された建物が、補強の対象となります。補強は弱い部分を中心になされます。弱い箇所は建物によって異なり、コンピューターによる構造計算を元に、弱い部分が特定されます。耐震壁が足りない場合は、壁にブレースと言われる斜めの部材を設置したり、控え壁等を新たに設置することで補強されます。大きな地震が起きた場合、1階の柱がダメージを受けると、重大な被害につながります。柱の補強は優先的に行われ、鉄板が巻かれたり、鉄筋コンクリートによる補強が行われます。

既存建物にも施工が可能な制震技術

耐震には、建物の強度を高めることで地震力に抵抗する方法もありますが、地震の力を弱めることで、被害を出さない対策がとられる場合があります。ホテルの耐震補強では、既存の建物でも施工可能な制震技術が用いられることがあります。制震技術は、柱や梁の接合部分にダンパーを設置して、地震のエネルギーを熱エネルギーに変換して、地震の力を弱める方法です。新築でなければ設置が難しい免震技術に代わって、制震技術はホテルの耐震補強にも用いられます。ダンパーは一つの箇所に設けられることは少なく、多くの接合部に設置することで効果が高まります。建物は始めから、強度で地震に抵抗するタイプと、しなやかさで地震の力を逃がすタイプに分かれます。地震の力を逃がすタイプは鉄骨造に多く見られ、制震技術も鉄骨造で主に採用されています。