耐震補強がされているホテルは、一部で見分けることも可能な場合があります。ブレースと言われる斜めの部材が外壁に後付で設置されている場合は、補強されていることが外部から確認できます。しかし、柱に鉄板を巻きつけたり、鉄骨の接合を補強した場合は仕上げ材料で隠され、外から見ても判別は付きません。耐震改修促進法により。一定規模の宿泊施設で、1981年6月より前に建築確認申請を取得して建築された建物は、耐震診断を受けなければならないことになりました。耐震診断の結果は都道府県により一般に公表されます。耐震改修を行った宿泊施設は、何らかの方法で利用者にそのことを周知するはずです。耐震性が低いと診断され、何の補強措置もしなかった場合は、信用問題となり、廃業に追い込まれる場合もあります。

見てわかる改修と見てもわからない改修

耐震診断により耐震性が低いことが判明した場合は、宿泊施設は二つの選択肢を選ぶことができます。きちんとした耐震改修を行い、利用者から引き続き信用を得ること。もう一つは、自主的に廃業することです。耐震診断により耐震改修が必要とされた宿泊施設は、何の措置も講じなければ、顧客は離れ、営業が立ち行かなくなります。そうなることを予想して、廃業を決める宿泊施設も出ています。一方、耐震診断により耐震性が低いと診断された場合でも、適切な耐震補強により安全性を高めることは可能です。補強の方法は建物により異なります。ホテルは元々壁面が多く、耐震壁を設置しても判らない場合がほとんどです。補強がされているかどうかの確認は、建築物が建築された年月、都道府県から公表される耐震診断結果、宿泊施設自らの公表により行うことができます。

補強よりも需要な周辺地盤の安全性

建築物は安定した地盤の上につくられることで、災害の被害を抑えることができます。たとえ、ホテルが新しくても、古い建物で耐震補強がされていたとしても、安定した地盤の上になければ危険が無くなる訳ではありません。地震で気をつけたいのが砂地盤です。砂地盤は地震による地下水位の上昇により、地盤が液状化を起す恐れがあります。液状化した地盤は建物を転倒させる力があり、丈夫な構造体でも安心できません。ホテルの安全を保証するものは、耐震性や防火性、避難の容易さだけではなく、地盤の安定性、周辺地域の安全性があります。宿泊施設合は、一つの事象の安全が確認されたとしても、他の事象が安全とは限りません。頻繁に訪れる可能性のある宿泊施設を選ぶ場合は、地域全体の安全性も確認する必要があります。

劣化診断など長期的視野に立ち付加価値を持たせるサービスを提供いたします。 安心・安全を維持のため設備リニューアルを行います。 リフォーム業者をお探しの方、電話で相談が可能です。 JR神田東口出口、南口出口から徒歩5分またはJR新日本橋駅4番出口または2番出口から徒歩3分。 安心して住むための大規模修繕工事を提案いたします。 ホテルの耐震補強工事はお任せ下さい